MENU

はじめに

 

訪問ありがとうございます。

 

まずこの写真を見てください。

 

 

 

左の写真は、32歳のときで、右の写真は、1年後の33歳のときの写真です。

 

私のように適切な治療をすればほとんどの人は改善、または維持できると思います。

 

これより書くことは、私自身が体験したことに基づいて書かせて頂いています。

 

 

昔から髪の量は多い方ではなかったのですが、

 

次第に髪の毛が細くなり、ちぢれてきたりして、

 

25歳あたりからじわじわとつむじが薄くなりはじめました。

試行錯誤の日々

シャンプー、育毛剤、マッサージ、食生活、運動など色々やりましたが、

 

進行は多少抑えられましたが改善することはありませんでした。

 

32歳ときかなり進行してきて、地肌が見えるぐらいまでになってしまいました。

 

しかし、ある方法をしたところ改善して、1年後には地肌がみえないところまで回復しました。

なぜ回復したのか?

あるときテレビでAGA(男性型脱毛症)のことを知りました。

 

脱毛(抜け毛)に効く薬があるというものでした。

 

余り期待をしていなかったのですが、藁をもすがる気持ちで受診しました。

 

1粒250円の薬(保険適応外)を処方してもらい、1日1回飲み続けました。

 

効果は、1週間もしないうちに表れました。

 

抜け毛が激減したのです。

脱毛(抜け毛)対策>育毛対策

この処方してもらった内服薬プロペシア(フィナステリド)の効果とは、AGA(男性型脱毛症)を抑制するものです。

 

よって髪の毛を生やす薬ではないので注意してください。

 

しかし、脱毛(抜け毛)が抑制されると毛根が残っていれば結果的に髪の毛が生えてきます。

 

髪の生える周期があるので、半年〜1年は実感できない人もいるかもしれません。

まとめ

私の髪の症状はAGA(男性型脱毛症)からくるものでした。

 

いくら育毛しても脱毛(抜け毛)を抑制しないと無理だと思います。

 

みなさんがAGA(男性型脱毛症)かどうかわかりませんが、

 

脱毛(抜け毛)対策>育毛対策

 

ということを覚えておいてください。

 

ストレス、生活の乱れなどの原因場合はまずそちらから改善させる必要があります。

 

ただ老化が原因の場合は、改善が難しいと思います。

 

 

 

※病院の先生が言っていたのですが、

 

市販の育毛剤にも脱毛(抜け毛)を防ぐ成分がはいっているがるということでした。

 

しかし、なぜ効果が余り期待できないというと、

 

外部薬では効果が24時間望めないからということでした。

全国agaクリニック検索サイトバナー.jpg


 

HMXaff300x250