MENU

ビオチンとは?

 

ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7(Vitamin B7)とも呼ばれる。

 

ビタミンH(H は皮膚を表すドイツ語 Haut から)と呼ばれたこともある。

 

一日の目安量は、成人で45μg。腸内細菌叢により供給されるため、通常の食生活において欠乏症は発生しない

 

逆にいうと腸内細菌の環境が悪い人はビオチン不足になる。

 

ビオチンを多く含む食べ物

 

レバー、卵黄、大豆などに多く含まれるが、食品加工や保存加工されるとかなり損失する。

 

ビオチンの効果

 

髪の成分でもあるアミノ酸の代謝を促す

 

コラーゲンの生成に関わる(髪にはコラーゲンが含まれているので育毛効果あり)

 

白髪にも効果がある

 

血行促進効果

 

皮膚(頭皮)の炎症を防ぐ

 

こんな人におすすめ

 

たばこ・お酒を飲む人

 

ビオチンはたばこ・酒によって消費されてしまうので不足してしまう。

 

感想

 

ビオチンは本当に育毛効果以外にも美肌効果・乾燥肌予防もあり本当におすすめです。

 

水溶性なので過剰摂取の危険性はほとんどありませんが、妊婦の場合赤ちゃんに影響がでるようですので気をつけてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ