MENU

第2のプロペシア承認

「ザガーロ」という薬が2015年9月28日に男性型脱毛症(AGA)治療薬として厚労省から製造販売承認されました。

 

メイン成分は「デュタステリド」で前立腺肥大症治療薬「アボルブ」でつかわれている成分なので知っている人も多いと思います。

 

この薬によってプロペシアと同様AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)を阻害することでDHTの生成を抑制しAGAを改善します。

 

この5α-還元酵素にはT型とU型がありフィナステリドはU型しか抑えることができないのに対してデュタステリドは、T型とU型の両方の働きを抑えることができるので、プロペシアよりもDHTの生成をより強く抑えられることから効果の期待度も高いとされている。

 

U型の5α-還元酵素阻害作用でデュタステリドはフィナステリドの3倍、T型に関しては100倍以上あるとの報告があり、 「デュタステリド(ザガーロ)0.5mg」は「フィナステリド(プロペシア)1mg」に比べて発毛効果が約1.6倍あるとの検証結果の報告がある。

 

前頭部薄毛のI型の人には、救世主となりえる薬ですので「プロペシア」が効かなかった人にもチャンスがありそうです。

 

ただ良いことばかりではなくて、副作用がある割合が1〜2割弱と「フィナステリド」に比べて多いようなので、プロペシアで満足している人には無理に使う必要はないと思います。

 

発売日は延期になってしまい今のところ未定のようです。値段も気になるところですが今のとこわかりません。

 

 

全国agaクリニック検索サイトバナー.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ