MENU

頭の水虫は抜け毛の原因になる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000026-mai-soci" alt="http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000026-mai-soci" width="400" height="300" />

 

 

夏の皮膚科外来は、感染症の患者さんが増えます。特に多いのが水虫です。足の指や爪の水虫はもちろんですが、「急に髪の毛が抜けるようになった」と来院した患者さんの頭皮や頭髪から水虫の原因菌が見つかるケースは、実は珍しくありません。近ごろは、ペットの犬や猫が感染している水虫の菌が飼い主にうつって脱毛が起きるという例が増えています。

 

室内でペットを飼っている人は特に気をつけたほうが良いですね。

 

ペットのほうも感染しているのであれば痒ゆそうだからしっかり治療をしてほしい。

 

治療は抗真菌薬の使用が基本です。原因菌の増殖を抑えて、殺菌する効果があります。菌が頭皮の表面に感染している場合は塗り薬、毛孔まで侵入しているときは飲み薬で治療します。治療期間は数カ月はかかります。

 

 注意が必要なのは、頭部白癬は症状が進行すると強い炎症が起こり、脱毛巣が化膿(かのう)しておできのようになることがあることです。このような状態を「ケルスス禿瘡(とくそう)」と呼び、放置すると硬い傷跡になり、再び発毛することはほとんど見込めません。またケルスス禿瘡は別の皮膚病と間違われやすく、適切な治療が行われずに症状が悪化している場合があります。湿疹などと診断されてステロイド薬を使った結果、炎症や腫れが悪化した場合、治療を続けても改善しない場合は、詳しい診察を受けた方がよいでしょう。

 

飲み薬の真菌治療薬があるのか。

 

「放置すると再び発毛することがありません」って怖すぎます。

 

フケや炎症が酷い場合は皮膚科にいきましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ