MENU

頭皮の「フケ」には2種類あった

フケ

なんで毎日一生懸命洗髪しているのに「フケ」がでるんだと困っている人はいませんか?

 

「はい!!」昔のわたしです。

 

今回は育毛の基礎になる頭皮環境の妨げになる「フケ」について書きます。

そもそも「フケ」とはなにか?

「フケ」があるだけで不潔な人という印象すら与えてしまう嫌われ者ですが、一体何なんでしょうか?

 

「フケ」とは、頭皮の角質細胞がはがれ落ちたものです。

 

皮膚の細胞は常に新しいのが下から作られて、表面の細胞は役目を終えたので死んではがれ落ちます。

 

「フケ」は簡単に言ってしまうと「垢(アカ)」ですね。

 

正常な人でも細かい「フケ」はでていて、問題なのは大きさや量で「フケ」として目に見えるようになるほど大きな角質細胞がはがれ落ちたりするのは、頭皮に問題を抱えているからです。

 


フケの動画です。閲覧注意!!

フケの種類

「フケ」の原因は大きく分けて2種類あります。

 

ケアを間違ってしまうと、良かれと思ってやったことがより悪化したなんてことにもなるので注意が必要です。

皮脂(潤い)不足

冬など乾燥している季節など、顔や手足などカサカサになり粉がふいたりします。
頭皮も同じで乾燥で頭皮環境が悪化して、「フケ」がでやすくなります。
「フケ」の大きさは細かいのが特徴です。

 

頭皮の乾燥を放置しておくと頭皮のバリアーである皮脂が少ないので、頭皮の痒みや炎症なのどのトラブルになる可能性が高くなります。

 

乾燥の原因は、老化洗髪関連(シャンプーなど)のトラブル、生活習慣、ストレスなどいろいろあります。

 

対処法は、頭皮の脂をとり過ぎないシャンプーや洗髪後にオイルなどでケアをしてあげることです。

 

私が実際に使っているのは「馬油」で保湿に優れていて頭皮に馴染みやすいので気にっています。

 



 

真菌の繁殖

水虫などでお馴染みの「真菌」の繁殖により「大きいフケ」がでるようになり、炎症・痒みも出る場合があります。

 

真菌の繁殖による炎症などの症状を「脂漏性皮膚炎」といい、酷い場合はクリニックの案件になってしまいます。

 

原因は頭皮の脂の過剰分泌で、脂の多い食生活や体調不良や高温多湿の時で紫外線が強く頭皮にストレスがかかるとなりやすいようです。
さきほどの「乾燥」の対策をしてしまうと、「真菌」の繁殖をアシストしてしまうことになるので注意が必要です。

 

対処方は、病院に相談するのが1番です。
薬をもらえば効果的面ですが「脂漏性皮膚炎」は繰りかえしなることが多いので、根本的の対処は脂の少ない食事や体調をよくして免疫を強めることです。

 

最近では持田製薬から真菌の増殖を防ぐ「コラージュフルフル」というシャンプーが発売されていますので症状の軽い人にお勧めです。
常時使えば予防に使えますが、高級なので症状が出始めた時だけ使うのも良いでしょう。

 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ