MENU

育毛効果がある野菜発見!?

「近畿大学は2月3日、ブロッコリースプラウトのエキスに、毛髪の成長シグナルを調節する毛乳頭細胞の分裂を促進し、

 

遺伝子を活性化するという効果があることを実験で確認したと発表した。

 

同成果は、同大薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と、

 

毛髪クリニックリーブ21の共同研究によるもの。

 

詳細は2014年3月27日から30日において開催される「日本薬学会 第134年会」にて発表される予定。

 

スプラウトは植物新芽の総称であり、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養が豊富に含有されていることが知られている。

 

中でも「ブロッコリースプラウト」は抗酸化植物として注目され、近年の研究から、抗がん・抗菌・抗酸化など多岐にわたる作用が報告されている。

 

今回の研究では、ブロッコリースプラウトに育毛効果があるかどうかの調査が行われた。

 

その結果、毛乳頭細胞が約1.8倍に増殖、

 

血管内皮増殖因子「VEGF」と毛髪の伸長期間に毛乳頭が分泌することが知られている骨形成タンパク4「BMP4」の遺伝子発現が約1.4倍に上昇していることが確認されたという。

 

なお研究グループでは今後、ブロッコリースプラウトに含まれる活性成分を同定し、ブロッコリースプラウトの配合による影響などについて検討をしていく予定だという。」

 

記事元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000040-mycomj-sci

 

 

ふむふむ、よくわからん・・・。

 

「毛乳頭細胞が約1.8倍に増殖、血管内皮増殖因子「VEGF」と毛髪の伸長期間に毛乳頭が分泌することが知られている骨形成タンパク4「BMP4」の遺伝子発現が約1.4倍に上昇していることが確認されたという。」

 

ここがよくわからないので調べてみました。

 

 

 

毛乳頭細胞とは、

 

髪の毛のリーダー的存在でのようです。

 

毛乳頭細胞が出す物質(VGEF、BMP4)によって毛母細胞が分裂して髪をのばしています。

 

なのでAGAは男性ホルモンのDHTが毛乳頭細胞を駄目にしちゃうので髪が抜けてしまうようです。

 

 

VGEFとは、

 

血管内皮細胞増殖因子という糖タンパクで血管の形成に関与する物質です。

 

血管が全くないところに新たに作り出す脈管形成、

 

今ある血管から枝分かれする血管新生という作用があり、

 

発毛および髪をより太い成長を加速させるということになります。

 

 

BMP4とは、

 

ちょっと調べたんですがよくわからないですが、

 

とにかく毛を伸ばすのに必要といわれているようです。

 

 

まとめ

 

なんだかんだ書いてありますが、

 

「ブロッコリースプラウト」は、毛乳頭細胞を増やすようです。

 

毛乳頭細胞が増えることによって、

 

VGEF、BMP4が増えるので髪の毛が良く伸びるということのようです。

 

最後にちょっと思ったんですが、

 

ブロッコリーの新芽なんてどこに売ってるんだろう・・・。

 

自分で栽培するしかないのかしら。

薄毛が克服できる商品多数ある個人輸入代行サイト

 

全国agaクリニック検索サイトバナー.jpg


月定額でAV見放題

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ