MENU

大豆と紅茶で抜け毛を減らす

こちらの論文で、

 

マウスなのですが大豆と紅茶、大豆と緑茶で前立腺癌について実験しています。

 

え、前立腺癌って髪の毛と関係ないじゃんと思う方もいますが、

 

もちろん関係があります。

 

AGAの原因は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因なのですが、

 

DHTが高いほど前立腺癌にもなりやすいようです。

 

それで実験結果がこちら

 

 

右下がDHTについての図になります。

 

SPCは大豆、Black teaは紅茶、Green teaは緑茶です。

 

DHTの多い順に並べると、

 

緑茶のみ>何もとらない>大豆のみ>大豆と紅茶>紅茶のみ>大豆と緑茶

 

となっています。

 

おもしろい結果になっていますね。

 

まぁ、DHT減少に大豆は効果があることはわかります。

 

大豆と紅茶、緑茶は大豆単体よりもDHT減少に効果がある

 

緑茶単体だとDHTを増やしてしまうようです。

 

この結果を見る限り大豆と紅茶を摂取するのが優秀で安全だと思います。

 

 

ついでに図の左下のテストステロンについてみてみます。

 

テストステロンは、

 

生殖器の増大、 性欲の増加、 精子形成の増加、 骨格・筋肉の成長、 やる気、行動力の増進と良い作用があります。

 

多い順に並べると

 

緑茶のみ>紅茶のみ>なにもとらない=大豆のみ=大豆と紅茶>大豆と緑茶

 

となっています。

 

これをみると大豆がテストステロンを増やす邪魔をしているようです。

 

大豆と緑茶を一緒に摂取するとなにもとらないより減少してしまうのが興味深いですね。

 

この結果を見る限り、ここでも紅茶がを摂取するのが優秀で安全のようですね。

購入者レビューがみれるAGA対策商品販売サイト

 

全国agaクリニック検索サイトバナー.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、左の画像をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

他のブログを読みたい方はこちらがおすすめです。
発毛・育毛ブログランキング
人気ブログランキングへ